安心できるVIO脱毛の方法とは

VIO脱毛とは

VIO脱毛とはVライン、Iライン、Oラインの3箇所を一度にまとめて行う脱毛です。デリケートゾーンとかハイジニーナ脱毛とか言われることもありますが、これらは全てVIO脱毛を意味しています。
かつて外国のドラマで知られるようになったVIOをブラジリアンワックスというもので脱毛してしまうことをハイジニーナ脱毛と言っていました。ハイジニーナとは「hygiene」日本語に約すと「衛生」という意味合いがあります。
Vライン=足の付け根より上の部分〜腰骨の下の部分までの範囲
Iライン=女性の大事な部分の周辺
Oライン=肛門周辺
VIOイメージ
VIOの脱毛と言えば真っ先に思い浮かぶのがブラジリアンワックスでしょう。サンバの国でもあるブラジルの女性たちがこの方法でVIO周辺の脱毛をすることからこの名前がつけられたそうです。
脱毛したい毛がある箇所にテープを張って生きます、その後行って時間おいてからテープを剥がして毛を引っこ抜いてしまうやり方です。一度に広い範囲を処理できるのですが、ピンポイントでの処理ができないことや毛を薄くしたいと言うような方にはマッチしないやり方です。またVラインの場合は全部つるつるしないで一部形を整えて残しておく方も非常に多いので、こういった方にもブラジリアンワックス脱毛は不適合になります。

 

医療レーザー脱毛

VIO脱毛の方法の紹介

千葉のエステの光脱毛や美容外科クリニックで行われている医療レーザー脱毛は毛周期に合わせて複数回に分けてお手入れ照射を繰り返して徐々に毛を薄くしていき最終的にはツルスベの肌を目指します。ただ個人の好みでツルツルにしたりしないで薄くして目だなくしたり、形を整えるというような柔軟性に富んだ脱毛処理を行うことが可能です。

ご存知の方もいるかと思いますが、レーザー脱毛の原理は黒色のメラニンに作用することで毛根にある細胞を破壊してしまうことで脱毛効果を得ています。レーザーは特に黒色の毛が濃いほどよく反応するようにできているので、ワキやビキニラインの毛は濃い方が多いので効果も出やすいと考えられています。
レーザー脱毛とエステの光脱毛を比較してみると、レーザー脱毛の方がより高い出力で照射できるので効果が出るのも早く期間も短くて済むのです。一方で高い出力ゆえに痛みが強かったり肌への負担が大きいといったこともあります。でも脱毛分野における技術の進歩も目覚しく痛みや肌へのダメージを軽減するために研究も進められていて最新脱毛マシーンならエステサロンでやるよりも痛くなかったという声を聞かれようになってきました。
また医療機関ですから痛みを失くすために麻酔を使う場合もあるので、特に痛みに弱いとか痛みを感じやすいという方であっても心配する必要はありません。

 

VIO脱毛するといいことだらけ

千葉クリニックドクターの解説

個々に希望やニーズに合わせてVIOの形を整えたり薄くしたりといった調節が可能なので、とりわけ水着を着たりする機会がおおいかたにはむだ毛がはみ出る心配もないので安心です。

VIO周辺は雑菌の住処になっている場合が多いです。特に生理中の不快な臭いやムレの改善には脱毛が大きな効果を発揮しますし、いつも衛生的に保つと言う観点から見ても有効です。

 

関連ページ

間違いだらけVIO脱毛のセルフケア
いよいよ脱毛サロンで脱毛スタート!これでツルスベに...と、でも、1回行ったばかりでムダ毛が生えてこなくなるということはありませんから、始めのうちは自宅での処理が不可欠です。けれども、勘違いしたムダ毛処理をやっていると大切な脱毛効果を水の泡にしてしまうかもしれません!
VIO脱毛の痛みを検証
脱毛エステでの光脱毛や、医療機関での医療レーザー脱毛は照射の際に痛いです。普通は「輪ゴムで肌を弾かれたみたいな「痛さ」と言われていますが、この痛みは照射部分や個人個人によって差が見られるのを知っていましたか?
デリケートゾーンの衛生面をサポート
VIOの脱毛は衛生面での効果もあるということをご存知でしょうか。デリケートゾーンのむだ毛が濃いと見た目をきにして脱毛処理する方が多いのですが、それ以上に衛生面でのメリットには素晴らしいものがありそうですね。